ホーム » 開業サポート » 独立開業後の収益(お給料)

独立開業後の収益(お給料)

現在お勤め中、または面貸し店や委託型美容室で独立採算の美容師さんも、将来を見据えてご自身の店舗を構えた場合、収入や採算面がどのようになるのか?大きな関心事であると思います。

開業のご相談をいただく多くの美容師さんから、店舗運営時の諸経費をよくお尋ねされます。

売上高から経費を差し引いて残った金額が利益(報酬源)となりますが、一例として開業時に「サロン300」で内装工事を施工して600万円の借入(7年返済)を行ったと仮定し、売上規模が60万円の場合、利益(お給料)は返済期間中30万円(売上比50%)、完済後38万円(売上比63%)となります。

現在、独立採算の面貸し店で、お一人で全てをこなしている美容師さんなら、今のご自身の技術売上額から独立後の収益イメージが描きやすいと思います。

以下、技術売上から経費を差し引いた収益モデルを表にしましたのでご覧ください。

技術売上別採算例

月間技術売上60万円から120万円までをシミュレーションいたしました。

「サロン300」で内装工事を施工された美容室を例としております。

★スマートフォン、タブレットからの閲覧は、表を横にスクロール(スワイプ)してご覧ください。

技術売上別採算例 60万円 80万円 100万円 120万円
①家賃 10万円 10万円 10万円 10万円
②材料 5万円 6.5万円 8万円 10万円
③光熱費 3万円 3.5万円 4万円 4.5万円
④その他 4万円 4.5万円 5万円 5.5万円
⑤返済 8万円 8万円 8万円 8万円
経費合計 30万円 32.5万円 35万円 38万円
利益 30万円 47.5万円 65万円 82万円
返済終了後利益 38万円 55.5万円 73万円 90万円

また、往々にして売上が80万円を超えるあたりから、お一人でのオペレーションが限界に近づき、アシスタントが一人必要となるケースが一般的です。

【試算基準と補足説明】

  • 「①家賃」は、管理費を含む10万円/月を設定。
  • 「②材料費」水物、お薬等、売上額の8%を想定。
  • 「③光熱費」は、水道、ガス、電気代。
  • 「④その他」の経費は、雑誌、お茶、トイレットペーパー等。
  • 「⑤返済」は、日本政策金融公庫の借入600万円を7年返済の場合(金利含む)
  • 「利益」は、お給料となります。スタッフがいれば分配します。
  • 「返済終了後利益」とは、借入金完済後(8年目から)の利益です。

※それぞれのお店には個々の営業スタイルがあるため、収益モデルも千差万別です。上記シミュレーションは一つの例としてご参考ください。

修繕費等、将来のコスト

当社が手掛けた内装は、ごく普通に利用されている店舗であれば、過去の実績からも10年間はトラブルが発生する例はほとんどありませんので、余計な出費の心配はございません。

美容室の場合は、10年、15年位経過時点で天井、壁、床の張り替えや各所塗装のし直し等、全面改装を行うオーナーさんが多い傾向にあります。

10坪規模の店舗で、セット椅子、給湯器交換も含む全面改装工事には、100万円強の出費となりますので、この場合は修繕費として毎月1万円程度を積立られることをお勧めいたします。

また、長期営業において打ち当るトラブルとして、必ず給湯器が故障します。寿命を迎えた給湯器の交換(本体+工事)は、およそ8万円位の支出となります。


ページトップ