資料請求
ホーム » 開業サポート » 開業総費用例

開業総費用例

「物件(テナント)取得費」、「 店舗内外装工事費」、「店舗什器・備品費用」、「運転資金」の大きく分類した4つを合わせた金額が総費用となります。

以下、CASE.1とCASE.2の2タイプの総費用例をご紹介いたします。

●CASE.1

1人美容師、10坪、2セット、1シャンプーではじめる美容室がモデルケースの場合、近年皆様が最低限準備される美容室開業費用は、600~700万円となります。

価格の幅につきましては、ローコストに割り切って開業する場合と、一般的なサロンらしい体裁に整えた場合の差です。

尚、本ミニマム費用での開業例は、前店から引き継がれた顧客売上が一月あたり50万円以上見込めることを条件として健全経営に問題のない水準に「運転資金」を絞って算出した例となります。主に、現在お勤めのサロンと同地域や既存顧客が来店し易い地域に開業し、事前に独立のご案内を行い、店舗オープンとともに売上が計上できるパターンです。

●CASE.2

上記「CASE.1」に該当しない場合で、近年の新規独立開業スタイルを振り返りますと、次のような:傾向や対策が主流です。

①顧客が引き継げない状態で開業

昨今、個人情報(顧客名簿)の取扱がデリケートな問題となっているため、現在お勤め中のサロン既存客に独立開業の案内状が出し難くいケースが多々みられます。

このような場合は、適切な運転資金の準備が必要となります。

②「新天地」、「指名顧客ゼロからのスタート」での開業

これまでお勤めの地域を離れて新天地で開業されるケースや、これまでのご自信の指名顧客が立地変更により来店してもらえるか不明の場合。

このような場合は、適切な運転資金の準備が必要となります。

③近年の傾向(当社実績例)

<2018、2019年度・・ローコスト運営で利益最大化と立地思考の変化>

近年、「ローコスト内装工事を実現させるためのテナント条件」に合致した物件を探されて最小限の工事費に抑えるケースと、一部フロント周りだけ造作して、オリジナリティを意識されるローコストの二極化傾向がみられます。

また、開業地選定において、一等地といわれる駅近立地にこだわらず、駅から離れた家賃の安いテンナトや自宅の一室での一人美容室の開業が目立ちました。これは、一人美容室なら住宅地でも十分な安定経営が実現できるといった意識変化の現われによるものです。

これらの傾向は、コストを極力抑えた開業が皆様のスタンダードとなっています。

【CASE.2の総費用について】

既存指名顧客に独立開業のご案内ができないケースでは、事業を軌道に乗せるまでの間、ご自身のお給料や家賃、光熱費、材料費等の健全な運転資金の確保が必要となります。

こだわりの内外装によって、追加の工事が生じる場合は、それらの工事費が開業予算の加算要因となります。

開業総費用の内訳は千差万別で一概にひとくくりにはできませんが、「使わないかもしれない多めの運転資金を万が一のために確保しておくためのお金」であったり、「造作にこだわったための工事費の出費」や「タカラの高級シャンプー機器の導入費」であったり、費用の趣旨が個々の事例ごとに変わります。

これらの費用は、CASE1に対して、プラス300万円位(開業総費用970万円前後)の傾向がみられました。

ゆとりのある運転資金を確保して開業されたオーナーさんの中には、店舗オープン時から想定外に来店客が多く、とても繁盛されているケースも多数見受けられました。

(※2017~2019年当社サポート実績からの傾向)

様々な個別事例に興味がございましたら、一度開業相談にお気軽にお越しください。

具体的な美容室開業総費用とその費用趣旨をお伝えできます。

先人のサロンオーナーがどのような部分を注視され、何に費用をかけて、その効果はどのようなものなのか?。いろいろ気になる点が多いかと思います。

  • ローコストで開業する方法は?
  • どの部分に費用がかかるのか?
  • 外装を造り込む場合と造り込まない場合の集客の差は?
  • 内装は凝ったほうが集客力が上がるの?
  • SMILE HASHIMOTO OFFICEで手がけた美容室はなぜ閉店がゼロなの?

など気になる方は、お気軽に開業相談をご利用ください。

開業個別相談会の詳細はこちら。

相談会は順次行っております。メールフォームからお気軽ご予約ください。

ご予約フォームはこちら。

ページトップ